スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悔恨

あの日

1月27日 日曜日



甲斐は いつものように

母と朝散歩に出掛けました



帰って来た後も

いつも通りに

「ただいま」の ナデナデを要求



その後は

朝ご飯前の一眠り

って感じで

いつもの場所(コタツに寄りかかって)で ごろん





でも

食事の準備が出来ても

起きなくて

鼻先に オイモを見せても

興味無さげで



お薬だけでも

飲んでもらわなきゃと

色々したけど



珍しく頑固に拒否



このころ

ニガいお薬を オイモに包んでいたから

オイモ自体を食べ渋る様になっていたし

ササミに代えても 疑って食べなくなっていました



結局

心臓のお薬を一つと

オイモを一欠片 食べただけでした







日曜日は 週一の買い出しDAY

いつもなら 一緒に車でお出掛け

そして

車の中でマナブとお留守番



だったけど

お薬だけじゃなく 朝ご飯も食べなかった甲斐



どうしようか迷った挙げ句

家でお留守番していて貰う事にしました









連れて行けば良かった








早く帰ってくるからねと

10時半頃 家を出ました



家には お嫁ちゃんも居たし

お嫁ちゃんが出掛けるのは いつも午後からだったし









でも なんだかんだと

いつもと変わらない時間に帰宅

1時半 過ぎていたと記憶しています





家の前に車を停めると

甲斐の鳴き声が聞こえるのは

いつもの事



でも

なんか変

いつもの鳴き声じゃない



そう思いながら

荷物を運んでいると

先に家に入った母の 悲鳴に似た声







甲斐がっっ!!!







慌てて 家に駆け込みました

お嫁ちゃんの靴はなく 出掛けたようでした

(後で聞いたら 1時ちょっと前に出掛けたらしいのです)



甲斐は台所で

ヒンヒン泣いていました



後ろ足がまるで動いてないようで

前足だけで 私達に縋って来ようとしていました



どういう状態で発症したのか

分かりませんが

台所で足腰が立たなくなったのでしょう

尿も垂れ流していて



つらそうに 泣いていました









ゴメン

本当にゴメン

肝心な時に側に居なくて

どんなに

心細かった事だろう

どんなに

つらかった事だろう



連れて行けば良かった

そうすれば

一人で 泣く事はなかった



どうして

あの日 置いて行ったんだろう



どうして

どうして




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マナブ

Author:マナブ
♦甲斐(♂)♦
2001年4月20日生まれ
2013年1月27日虹の橋へ
キャバリア・ブレナム
あまったれストーカー
11kgのでかキャバ


♦蓮華(♂)♦
2013年1月19日生まれ
キャバリア・ブレナム
只今成長中のハイパー男子


♦マナブ♦
甲斐・蓮華のプチストーカー

リンクフリーです。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ



人気ブログランキングへ
ポチッと宜しくお願いしま~す。m(_ _)m

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。