スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老犬介護

甲斐クン。
2週間に一度の病院の日ですよ。
…?
左目どうしました?

kai091219-1.jpg

ちょうどいい(?)から、先生に見てもらいましょう。

病院には先約がいました。
ミニチュアダックス君と、飼い主さんが二人。

kai091219-2.jpg

ダックス君は、誰かが動く度に激しく鳴いているので
甲斐クンも気になっちゃう感じです。
でも、誰も動かなければ大人しくしているようなので、
甲斐クンもオスワリしていて下さいね。

kai091219-3.jpg

飼い主さんが会計に立って行ったら、
もの凄い (^-^;)
置いて行かれると思っているのかもね。

甲斐クンも、車から降りる時激しいもの。
抱っこしていても、ずっと鳴き叫んでいるんだよね~。

kai091219-4.jpg

ダックス君は、力一杯鳴き続け
飼い主さんに抱かれて大人しく帰って行きました。
一生懸命にジャンプしながら鳴いていて
と~ってもかわいかった (*´∀`)

kai091219-5.jpg

その後、もう一人の方が診察室に呼ばれ、
出て来たとき、一匹のワンコと一緒でした。

思わず、目をそらしたくなった…。
左目周辺が目ヤニでマケテいるのか、ただれていて。
体毛も、ところどころ抜けています。
左前足が不自由そうです。
オムツをしているからなのか
しっぽの付け根の毛が抜け落ちて赤くなっていました。
老犬介護、というのでしょうか。

もう、16才なんですよ。目も見えないみたいでね。

そう、飼い主の方はおっしゃっていました。
反時計回りにクルクルと歩いている、その姿に熱いものがこみあげました。
クルクル、クルクル、クルクルとずっと廻っていて
飼い主さんが会計に立っても、もくもくと廻っていました。
鳴きもせずに…。
イスの下に顔が入って、廻れなくなっても、その方向に廻ろうとしていて…。

最後まで、大人しく抱っこされて帰って行きました。

kai091219-6.jpg

元気が一番。
この笑顔を見ていると、つねづね思ってはいたけど、
老犬介護はイヤでも近づいてくる。
もう、9才8ヶ月。
キャバリアが短命種だと知ったのは、飼った後だった。
あと、どれくらい元気でいてくれるだろう。

kai091219-7.jpg

もう、心臓は雑音が聞こえているらしい。
来年には、ちゃんと検査をしましょうと先生にも言われました。

kai091219-8.jpg

どうか、どうか、この笑顔がいつまでも見ていられますように。
そう願わずにはいられない…。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ
ポチッと宜しくお願いしま~す。m(_ _)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マナブ

Author:マナブ
♦甲斐(♂)♦
2001年4月20日生まれ
2013年1月27日虹の橋へ
キャバリア・ブレナム
あまったれストーカー
11kgのでかキャバ


♦蓮華(♂)♦
2013年1月19日生まれ
キャバリア・ブレナム
只今成長中のハイパー男子


♦マナブ♦
甲斐・蓮華のプチストーカー

リンクフリーです。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ



人気ブログランキングへ
ポチッと宜しくお願いしま~す。m(_ _)m

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。